ホテル客室清掃関係者の皆様、というかこのブログをご覧になられておられる皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

私? 再就職はどうなったのかって? それは・・・正直に書いてしまうと、見る人が見たら完璧にバレてしまうので書けませんm(_ _)m

 

ただし、良い事がありました。前に書いたこの記事。

 

hotelsekininsya.hatenablog.com

 

の中で紹介した小説がなんと、1072作品中の6作品のみに与えられる入賞作品になりました! 書籍化の予定もあるそうです。暇だから書いただけなのに、どういうことなんでしょうか(笑)

 

kakuyomu.jp

 

人生何が起こるかわからないものです。仕事辞めてどうしようか、もしかしてうまくいかずにこのまま人生破綻して生活保護とかになったら? などと不安な日々を過ごしてたのに、こんなこともあるんですね。びっくりです。

 

ですが、天下の角川書店に多少なりとも認められたというのを良いチャンスと考えてまして、ホテル客室清掃をテーマになんとか小説できないのかなと模索中です。以前にこのブログでも1記事だけそんなのがあるんですけど、もっときちんと書けたら良いのになと思ってます。

 

さて、今回は客室清掃あるある話をいくつか。

 

鍵持って帰ったらダメでしょ!

客室清掃するには客室の扉を解錠しないと作業できないので、ほとんどのホテルでは客室の鍵を開けるためのマスターキーを清掃の方に貸し出します。色々なタイプのホテルがあるので、カードキーだったり、シリンダーだったりするわけですけども、これを清掃終了後に返却し忘れて持って帰っちゃう人がいるんです。そうなると、責任者はホテルに毎日まとめて返却しないといけないので、全部揃ってないとさぁ大変。誰だ!持って帰ったのは? ってなります。

 

一般的には貸出時にきちんと記録を取っているので、例えば四階フロアキーなら誰に貸し出したのかはすぐにわかるので、帰っちゃったその人に携帯電話に連絡するわけですが、これがすぐに出てくれない事がある。私の経験でも連絡つくまで延々待って、普通なら夕方6時には帰るのに9時まで帰れない事がありました。あるいは連絡ついて私物のバッグなどを探ってもらっても鍵はないという人がいて、「まさか紛失?」と慌てつつその人に戻ってきてもらって探させたら意外なところに置き忘れてたとかありましたね。私の責任者時ではありませんが、実際に紛失したこともあります。

 

とにかく、鍵の管理はきっちりやらないとダメなんですけど、実態としてはなかなか難しいこともあり、無くしたら大変な事になるとわかってても人間がする事ですからミスは付き物という完全解決は難しい話でもあります。

 

開けたらダメな部屋を開けさせるな!

そうやってともかく鍵を開けて部屋を掃除するわけですけど、開けちゃダメな部屋ってあるわけです。これもホテルによりけりで、フロントへの連絡など一切不要のインジケーターシステムを取っている場合や、フロントに電話でいちいち確認の必要な場合のあるホテルなどがあるわけですけど、清掃側が誤って開けてしまうのならばそりゃお詫びしないとダメでしょうけど、ホテル側が間違った指示を出す場合もあるんですよね。

 

こっちは、そりゃ一応ノックで確認はしますが、お客さんだって寝てる場合もあってノックに気づかないってこともあります。私、ホテル側の完全なミスで一日に2部屋も間違って開けさせられました。しかも2部屋ともお客さん素っ裸・・・。お客さん、めっちゃ怒りましたけど、ノックにも返事なかったらこっちは開けるしかないでしょ。まぁ、ホテルさんの方がお詫びしてくれましたけどね。あれはほんとヤメてほしい。

 

飲み物のコップは洗え! or 洗うな!

これも割とある話だと思います。連泊中のお客様が部屋に備え付けのグラスやマグカップなどを使用されるわけですが、しばしば飲み物が残ったままの状態になっている事があります。これ、洗うんでしょうか? それとも洗っちゃダメ? どっちの場合でも怒られた事があります。それで、ホテルによってはそういう時はどうするかという、注意書きなどを置くなどで対応してる場合も多いかと思いますが、・・・注意書きなんか読まない人も多いんですよね。

 

それで、分かってくれるホテル側の人であれば、「そういうこともあるよね」程度で済むんですけど、分かってないホテル側の人に怒られたりなんかすると、例えば取り決めで「基本的に飲み物のある場合は洗わない」となっていてその通りにしてお客さんに怒られたっていう場合だと、「臨機応変に対応できないあなたたちが悪い!」みたいに怒られてもこっちも気分が悪かったり・・・。ある程度はお客さんに怒られても仕方ないっていう割り切りは必要だと思うんですが。

 

というわけで今回は三つほどあるある話してみました。あ、本出たら買ってね!(笑)