昨日はお外で散髪に失敗したわけですが、今日も同じことの繰り返しとなってしまいました。

歯科医院でフッ素塗布をしてもらおうと、予約して行ってきたのです。今度はすぐに診察台に呼ばれたものの、最初は歯の写真撮影。口を大きくあけたままにできるようにするための器具(といってもプラスチック製の簡単なもの)をあてられ、最初は言うことをきいてちゃんと口をあけたりしていたものの、何枚もデジカメで写真を撮られてるうちに、やっぱりだんだん嫌になってきてしまいました。次は口に鏡(ステンレス板)をつっこまれで歯の裏側の撮影で、もう暴れだして。歯科衛生士さんに歯を磨いてもらうのに逃げまわり、レントゲン室やら、他の患者さんの部屋に入ってもう大変! いざ、お医者さんに診てもらいながらフッ素塗布、となったら、泣いて嫌がって、上の歯だけで終わりにしてしまいました。その間にも、下の子はうろうろして器具や紙コップをさわったり、診察台に頭をぶつけたり、待合室に勝手に帰ったり…。

以前はこういう場面でもわりと言うことをきいてくれてたのに、こんなふうにイヤイヤ言うようになっちゃって。理由は「フッ素がまずかったから」とか言ってましたが、昨日の美容院にせよ今日にせよ、異様な雰囲気なんだか嫌になってしまったのでしょう。いろいろ考えられる頭になって、成長して良かったと思う点もあるのですけどね。

会計を済ませてふと見上げた鏡に映っていた自分は、まさに、幼児にふりまわされてくたびれた母親の顔、でした。がっくり。orz